Flash版

省エネ法.net  ウィンドウフィルムから省エネを考える

平成20年5月30日に改正された「省エネ法」。
下記に該当されるお客様は、今すぐに対策を!!!

省エネ法 改正ポイント

工場・オフィス等に係る省エネルギー対策の強化

・エネルギー管理義務を、事業者単位(企業単位)で導入
・フランチャイズチェーンもひとつの事業者として扱う
・大規模な住宅や建築物に係る省エネ対策の強化
・担保措置の強化(指示・公表に加えて命令の導入)
・一定の中小規模の住宅・建築物も届出義務等の対象に追加
・住宅の建築・販売事業者に対し、省エネ性能の向上を促す措置を導入
・住宅・建築物の省エネ性能の表示を促進


現在は工場などの「事業"所"」ごとに対して規制が敷かれていますが、「改正省エネ法」においては「事業"者"」単位(企業単位)に変更され、レストランやコンビ二、スーパーなどを含め、複数の事業所や工場をもつ中小企業などもすべて規制対象となります。

原油換算で年間1,500kL以上のエネルギーを消費する事業者・企業が、改正省エネ法の規制対象となります。規制対象になった事業者・企業は、年間エネルギー使用量の報告や省エネ設備の更新など今後3年から5年の中長期計画の作成が義務化されます。

さらにエネルギー効率を、毎年1%改善することが求められています。それに違反した事業者や企業に対しては、企業名の公表や改善命令などの措置が講じられます。

「改正省エネ法」によって、事業者や企業は省エネに努めていかなければならず、省エネに伴うコストの増加が予想されます。
エネルギー管理や「省エネ法」への対応を踏まえ、コストは抑えつつ、どのように企業の省エネ対策を行っていくかということは、今後のビジネス展開を考えていく上で、最重要事項といっても過言ではありません。

TOPへ戻る